• ラディエンスとは
  • メニュー
  • サロン案内
  • 田村美歩のブログ
  • お問合せ

Awapuhi News

暑さも和らぎ、秋の気配を感じます。
秋は、“食の秋”というくらいですから、おいしいもがたくさん!!

今回は、キノコのご紹介・・・“キノコのマリネ”
しいたけ、えのき、しめじ、まいたけと1度にたくさんのきのこを楽しめます。
ポン酢でさっぱりといただきましょう。

材料 分量(2人分)

しいたけ・・・2枚
えのきだけ・・・1/2袋
しめじ・・・1/2パック
まいたけ・・・1/2パック
[A]
ポン酢しょうゆ・市販品・・・大さじ2
熟成豆板醤・・・小さじ1/3
「味の素」・・・少々
作り方
1.しいたけは石づきを取り、1cm幅に切る。
 えのきだけは根元を切り落とし、半分に切る。
 しめじ・まいたけは根元を切り落とし、小房に分ける。
2.耐熱容器に[1]のきのこを入れ、[A]を加え混ぜ、ラップをかけ、
 電子レンジ(500w)で2分加熱する。
3.[2]をサッと混ぜ合わせ、そのまま蒸らして冷まし、冷蔵庫で保存する。

秋はお肌にとって強い紫外線も少し楽になり、
春などのアレルギーもない比較的に楽で過ごしやすい季節ですが、
夏から冬への以降段階で、
日々状況が変わりやすい季節でもあります。
9月は日中残暑が続き、
朝晩は気温が低下してきます。
10月はさらに日中の気温が低下して
空気もどんどん乾燥します。  

保湿を保ちましょう!!

ダイエットの1つの方法に自転車を取り入れている人も少なくないみたいですね。

自転車は有酸素運動なので脂肪をエネルギーとして燃焼してくれます。

有酸素運動というとキツイ・ツライというイメージを持っている人が
いるかも知れませんがそんなことはありません。

特に自転車は風を感じて、季節を感じて楽しく走ることができますのでムリなくできます。

自転車は一定の負荷で比較的長時間出来ますので、自転車でダイエットに成功したという話はよく耳にします。

また膝に負担がかからないので、ケガをしにくいというメリットがあります。

●取り入れ方
①自転車通勤
ダイエットのための運動として大切なことは、継続すること習慣に
するということが重要となってきます。

習慣という意味では自転車通勤(通学)というのは大変効果的です。
1週間に5日~6日朝晩運動する習慣が自然に身に付きます。

平均時速15kmで走れば1時間で15km走れます。
距離が片道15km以内であれば自転車通勤(通学)は十分可能だと言われています。

距離が近めの場合は、余裕のある帰り道は少し遠回りをして帰るなどすれば、より効果的です。

帰り道無心でペダルを漕いでいると、オンからオフへの頭の切り替えもスムーズ出来て、
仕事のモヤモヤも吹き飛んでしまいます。

②移動手段
電車や自動車で行く距離も極力自転車を使ってみましょう。
そうすることによって消費カロリーを増やすようにします。
小さな積み重ねが、やがて大きな差を生みます。

環境にも優しく、運動をしようという意識が無くても自然と運動不足の解消にもなります。

自転車ダイエットはまずこの方法からスタートするのが無理が無い方法かも知れません。

③ポタリング
天気の良いに日にゆっくりと自転車散歩をしてみましょう。
普段気が付かない景色や自然を楽しんだり、知らない街まで出掛けていったり。

自分の住んでいるところから比較的近いところでも、色々な発見があります。

楽しみながら自転車を乗っていると、いつのまにか結構な距離を走ることになり、消費カロリーも自然と増えていきます。

●方法
初めのうちは無理をせず余裕のあるスピードで行います。

慣れてきたら平均スピードを徐々に上げていきます。
自転車はスピードが2倍、3倍となると消費カロリーは2倍、3倍ではなく、それ以上に増すと言われています。

平均スピードを上げていけば、効果的に脂肪を燃焼できるというわけです。

1回に30分以上を目安に行ってください。頻度は理想的には
自転車通勤で週5日、無理ならば週2~3日を目指してください。

以上、自転車ダイエットについてまとめてみましたが、いくら
消費カロリーが多くてもその後たくさん食べてしまっては思う
ようにダエットはできません。

必要な栄養を摂ることは大切ですが、痩せるためには
『摂取カロリー<消費カロリー』であることをお忘れなく。